腰椎椎間板ヘルニアは手術してもしなくても4年後、5年後の症状はほぼ同じか?

インターネット上で、「腰椎椎間板ヘルニアの手術をしてもしなくても4~5年後の症状は変わらない」と書かれているが本当だろうか?(情報元はこことかこことかこことかこことか)

情報を総合すると下記の通り。

  1. ノルウェーのオスロ市立病院で研究され発表された
  2. 手術してもしなくても良い患者126人を追跡調査した

それぞれに項目に対し、いくつも疑問が湧いてくる。

  1. オスロ市立病院は存在するのか?
    googleマップでmedial centerとかhospital で検索し、さらに地図を眺めてみたが病院の存在を確認できない。
    研究ならば論文なり何らかの書面が存在しても良いと思うのだが手がかりさえみつからない。
    いつの研究か分からない。
  2. 「手術してもしなくても良い患者」に手術ができたのか?
    そもそも、手術しなければならなくて手術は行われるため、どちらでも良い患者と比べようがない。
    症状や治癒の度合には個人差があるのに、サンプルの妥当性はどう判断したのか?

これだけの情報からインターネット上の情報は事実かどうか不明である。


2020年8月12日 追記

ノルウェーのオスロ市にウレバール大学があるらしい。
googleマップでも見つかった。ここ
そこで1995年9月に、CTとMRIの正確性について研究がなされCTの方が診断が正確であったとの結論が出されているようである。このガイドラインが、形を変えて前述のような情報になっていると思われる。
この結論に対しては、実際に治療を受けた際にミエログラフィのやり直しが必要となった経験とも辻褄が合う。造影剤を入れてCTを撮ることで正しく診断ができるということであろう。裏を返すと、CTを撮らずに治療を進める病院は避けた方が良さそうである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください