椎間板ヘルニア」カテゴリーアーカイブ

術後7年

手術から約7年が経過した。

新型コロナウィルスは、腰が悪い患者にも多少なりとも影響を与える。
外出する機会が減り歩行が減る、体を動かす時間、範囲が減る。腰にとっては良くない傾向ばかりである。
主治医からのアドバイスの一番のポイントがウォーキングであったこと、また、スポーツクラブでの感染リスクを減らすことを考慮し、ウォーキング主体で荒天時にストレッチを行うように生活スタイルを変えた。
コストは、ほぼゼロで済むし水泳ほどは息があがらないため続けられない要素は何一つ無い。真夏の暑さや真冬の寒さは嫌なものだが、水泳の着替えと同様にエイっと始めてしまえば何とかなる。始めた頃は30分程度、家の周りを散歩する程度だったが、徐々に歩ける時間と距離が長くなり、最近は1~2時間くらいかけて6~8kmくらいが標準になっている。天気の良い日は歩くことが気持ちよいとさえ感じられるようになってきた。

寝具には気を使っているつもりだが、寝起きの腰痛が気になるようになってきた。
少し体を動かすと気にならなくなるため、寝返りが足りないようである。上を向いて寝付くとそのままの姿勢で目が覚める睡眠スタイルのため筋肉が凝り固まってしまうようである。寝返りがし易い枕やマットレスの硬さになっているが、意思を持って寝返りをコントロールできないため何とも困った。何十年も前から膝枕が良いと知っていたことから使っていない枕を膝枕としてみた。これが奏功し寝起きの腰痛は完全に解消された。
これまでに膝枕を試したことはあったが、椎間板ヘルニアによる痛みに対しては、ほぼ効果が無かった。しかし筋肉の緊張を防ぐ意味では非常に効果的であるという気付きがあった。一度試して効果が感じられなくても、いずれまた試してみると状況が変わっており、問題の解決になるケースがあるかもしれない。

閉院

2013年11月に腰椎椎間板ヘルニアを発症した。
近くの評判の良い病院に通院したことを本ブログに記録してきたが、その病院が閉院したようである。
たまたま、その病院の前を夜間に通りかかることがあり、照明が点いていないことに気付いた。帰宅後に検索を行ってみると明らかな記述は無いものの、どうも閉院したような書かれ方をされていた。
患者に連絡をする義務もなければカルテを保存する義務もないのかもしれないが、この病院で治療を続けていたとすると、再発などの際に情報が少なく治療が不利になる可能性がある。昨年は少し調子が悪い時期がありレントゲンとMRIを撮影して診察を受けた。その時に、手術後の画像と診察時の画像を比較しながら説明してくれたため、はやり過去のデータが残っていることは心強いと思う。
病院の選び方へ記載した通り、長期に渡りお世話になれる病院を選択することは患者の責任である。

自分が治療を受けた病院のホームページを久しぶりに訪れてみると、ほぼ変わっていない状態であった。新しい治療法が無いものかと期待したが、潰れてはみ出した物体だけを手術せずに取り出す治療はなさそうである。

術後6年

2019年10月頃に、腰痛の症状が出て病院を受診した。再発かと心配したが、レントゲンとMRIの結果からは再発の兆候は見られず、神経の圧迫は全く無い状態であった。

主治医からはウォーキングが一番良いとのアドバイスをいただき、なるべく時間を作ってウォーキングをするように心がけている。今まではストレッチや腰痛体操といった運動に今一つ効果を見い出せていなかったものの、こちらも取り入れてみている。腰が悪いと、座る時間が長くなりがちである。このため筋肉が衰え血行も悪くなり悪循環になるようである。現在のところ、腰の違和感がほぼ無くなり、右足先の痺れが残っているだけである

このブログはメンテナンスのために数か月に1回ログインするだけになっている。時々コメントをいただくもののタイムリーに返事ができておらず、数か月後に返事を送ると、送信先が既に存在しなかったり全く応答がなかったりする。同じ症状で悩む方の参考になっているようで嬉しくもあるが、一番辛い時期に力になれないのは不本意である。コメントを書いていただいたら通知が来るように改良してみる予定である。

術後4年

右足先の痺れと感覚の麻痺は相変わらずである。
右足の曲げ伸ばしすると指先がピリピリする感覚もある。
水泳を継続しているが、長距離泳ぐと一時的に痺れが強くなるような傾向もある。
週に1回1時間で約2.4kmくらいのペースを維持している。

昨年は、飛び出したヘルニアを消滅させる薬が実用化に近いとのニュースを見て驚いた。
新しい術式が無いかなど、いろいろと調べてみたが、根本的なところは変わっていない。
お世話になった病院のホームページは全くそのままなような気もする。

術後3年

術後3年が経過した。
右足の痺れは、ほとんど変わっていない。痺れの度合いは今でも日々違う状態である。
調子が良い時は、ほとんど感じない程度であるが、動かな過ぎたり動き過ぎると痺れが強くなる傾向があるように思う。
痺れのために、常に自分は腰が悪いということを意識している。
無理することは無いので、そういう意味では良い。

水泳は、1時間かけて2kmのペースを維持している。
時期によって達成しない場合もあるが、週に2回ペースである。

このブログの統計を見てみると、治療の経過の部分が200回以上見られていることが分かった。
治療から3年が経過したので最近の事情を少し検索してみたが、新しい薬や術式が出てきた気配はなさそうである。私の治療経過が参考になれば幸いである。

術後2年

椎間板ヘルニアの手術を受けてから2年が経過した。
厳密には2年と1か月である。
右足の痺れは、ほぼ症状が固定状態になってきた。
甲の部分から親指の裏辺りにかけて、感覚が鈍く、日によっては弱い痛みや突っ張り感がある。
腰が悪いことを常に意識せざるを得ないため、無理をすることは決してない。

水泳は、1時間かけて2km泳ぐことが習慣になってきた。
週に2日ペースを目標にしているのだが、なかなか守れていない。
その他、なるべく階段を使うように心がけている。

後遺症は残っているものの普通に日常生活を送れているのだから、良かったと思う。

リハビリ(水泳)

親知らずを抜いたり、風邪を引いたりして間が空いてしまっていたが、週2回のペースでプールへ通っている。1時間連続で泳ぎたいのだが、体力的にもたない。50分程度でクールダウンに入ってしまう。体重は一時的に増えたような気もするが、ゆっくり減少するペースである。
ウォーキングも頑張ろうと思いつつも、あまりの暑さに外へ出る気になれないでいる。

痺れの状態は、あまり変化がなくなってきた。痺れによる違和感は気にならないものの、麻痺により動かない筋肉のこわばりが気になる。歩く時間を増やすようにしたり、手で曲げ伸ばしをしている。

リハビリ(水泳)

しばらく水泳を休んでいた。
定期的に歯医者に通いメンテナンスを受けているのだが、しばらく医師に診て貰っていないし、過去に治療したところの内部で虫歯が再発している兆候があるとのことで歯科を受診した。レントゲンで見ると当該箇所は虫歯になっていることと、奥歯の親不知と接触している部分にも虫歯の疑いがあるとのことであった。親不知を抜かないと確定的な診断も治療もできないので、口腔外科を紹介され抜くことになった。親不知を抜くこと自体は大した痛みではなかったが、その後の痛みが強くはないものの長く続き、水泳に行く気になれなかった。

抜歯から10日ほど経過して、ようやく症状が治まってきたためプールへ行った。
しばらく泳いでいなかったため感覚を取り戻すのに時間がかかったが、50分続けて泳ぐことができた。特に前半は、元気に泳ぐことができ気分も良かった。

しばらく水泳に行けていなかったのだが、体重の減少は止まってはいなかった。昼食を野菜中心の700kcal前後のメニューにしていることが功を奏しているようだ。
どうも、運動は体重の減少には繋がっていないようで残念に思う。
何かを食べる、何かをすると体重が減るという情報が溢れているが、やはり体重を減らすには、摂取カロリーを減らすしかなさそうである。

リハビリ(水泳)

週2回の水泳を継続している。
50分程度は連続して泳げるようになり、以降、少し休憩を挟みながら1時間~1時間10分くらい泳ぐようにしている。体重は、月に500g位のペースで減少中である。
泳ぎ方が少しずつ上手くなってきているような気がするが、タイムとしては50mを1分15秒程度である。

右足の症状は、良くなったり悪くなったりである。調子が良い時は痺れを忘れるくらいだが、悪い時は常に違和感を感じるレベルになる。いずれにしても30分くらい歩くことは特に支障無いレベルであるから、調子が良いと言って良いだろう。
麻痺については、大きくは変わっていない。お風呂の中で動かそうとするリハビリをしているが、力は入るような気配はない。