Windowsのファイル履歴の不具合

Windows8.1がインストールされたPCを2台使っている。データのバックアップにはWindowsのファイル履歴を使っているのだが、一方のPCで履歴が保存されないトラブルが起こっていたため調査を行った。

結果として、ファイル名にマルチバイト文字が含まれる場合にファイルの履歴が保存されないケースがある問題が存在し、対処法としては、保存されないファイルは履歴を記録する対象から除外するか、ファイル履歴以外の機能を使うことを勧めるとの議論が行われていたことが分かった。

この議論はコミュニティで行われており、必ずしも発覚した問題が修正される訳ではないが、Microsoftの関係者を名乗る人物が問題を把握しながらも、1年以上、修正されない点に驚いた。最近リリースされたWindows8.1 Updateでも修正されていない。

このような対応を行う会社の製品を使い続けたくはないが、Windowsでないと動かないソフトに依存している事情もあるため仕方ないのかとも思う。

MetroUIという使い難い仕組みを作ったり元に戻したりしている工数があるなら、問題点を修正する方に工数を使った方がユーザーの支持を得られるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください