近くの整形外科を受診

1週間安静にしたものの痛みが引かないため、病院へ行く。

痛みが強く、長距離の移動には自信がない。家族が地元で評判が良いという病院を教えてくれたため、車で20分程度で行ける病院へ向かった。この病院は非常に混んでおり、2時間位待ってレントゲンを撮影し診察を受けた。立った状態で前屈と海老反りをさせられ、椎間板ヘルニアとの診断を受け、点滴と投薬による治療をうけることになった。

最初に受診する病院選びは非常に重要で、筆者は後から後悔することになる。と言っても急性期は痛みが強いため、近所の病院を選んでしまうのは仕方がないとも言える・・・

手術することは想定していないから、術式や実績もよく考えないことになるが、最悪の事態を想定して病院を選ぶことをお勧めする。

後悔とは、検査のやり直しである。ヘルニアの検査や治療は激痛を伴う。一度で済むなら、その方がベターである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください