入院

外来の治療として、投薬,注射,マッサージを受けてきたが、症状の変化が見られないため、入院して詳細な検査及び治療を行うことになった。

明日は、ミエログラフィーという検査が予定されている。この検査は、ヘルニアの周辺に造影剤を流し、実際に神経を圧迫している部分を特定することを目的とする。脊髄の近くまで針を刺すということは激痛ということである。麻酔を使う場合も一部あるようだが、麻酔の方が痛いため一般的に麻酔をせずに行うらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください