仕事復帰後1か月

あっという間に経った1か月であった。

痺れと麻痺は多少良くなったものの、階段の上り降りは辛く、歩くのもぎこちない状態である。
寝起きに腰の筋肉が固まるのも相変わらずである。布団の中でストレッチを行ってから起き上がるため、大して痛い訳ではない。しかし、起床1時間前くらいから痛みで目が覚めてしまうため、昼間に眠気が来る。
週末に水泳などの運動をしようと思っていたのだが、右足の指先にツンと来る痛みがあったため大事を取ってやめておいた。こんなことをしていては、リハビリが進まないとも思うものの、無理は禁物である。

他のサイトを見て回っているのだが、共通して言えることは血行を良くすることだろう。
ストレッチや軽い運動で筋肉を収縮させることにより血管を太くし、老廃物の代謝と筋肉を収縮させる物質の流れを良くすると効果があるようである。

いろいろと見て回ってると、腰痛と椎間板ヘルニアが混同されていることが分かる。椎間板ヘルニアの症状として腰痛は、あまり無いはずなのだが腰痛イコール椎間板ヘルニアという書かれ方を良く見かける。
椎間板ヘルニアによる下肢痛に対して整体やカイロプラクティックは効果が無い、もしくは悪化を招くと思うのだが、ヘルニアを3回の通院で直しますとか断言されているのを見ると恐ろしい。はみ出した髄核を引っ込めますと説明しているサイトもあるが、通常の歩行でも体重の数倍の力で押されている髄核を引っ込められるとは信じがたい。一方で、繊維輪を突き破ってはみ出した髄核が白血球により分解されることは知られていないようだ。
今の筆者のように、筋肉の柔軟性を失っていたり血行が悪い症状に対しては、整体が効果的だとは思う。

仕事中は座っていることが多いため、1時間から2時間毎に席を立ち、ストレッチをしている。
最近は、どちらかというと背中側の筋肉が固まりやすい。背中を伸ばせば良いような気がするのだが、背中を反らす運動をした方が気持ち良い。
気持ち良いことが体にも良いと思うので続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください