飲酒と腰痛

炎症性の腰痛がある時は飲酒を避けた方が良いのだろうが、筆者は、血行が悪いことによる腰痛があると思っている。だからという訳ではないが、生中2杯と焼酎ロックを2杯ほど飲んでみた。
あまり変化はないようにも思えたが、指先にツーンとくる痛みが強くなった。神経の傷付いた部分は、まだ炎症を起こしているのかもしれない。腰痛に対しては、翌日も特に変化が無いようである。

麻痺の状態についてであるが、右足の踝を軸に爪先を上げる方向の力が本来の60%くらいになっている。ウォーキングを始めた頃の力を記憶していないのだが、踵から接地すると同時に爪先もペタンと接地してしまい、パタパタと音がしていたくらいなので、かなり弱っていたと推測される。
立った状態で、足全体を外側に開く力も退院直後に比べると戻りつつある。入院中は、布団を足で持ち上げてずらすことさえ難しい状態だったが、現在は、布団をパフパフできるくらい力が入る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください